年をとれば病気になったり記憶力が急激に悪くなるのは、避けることのできない誰もが経験する生理現象でしょうか?

脳科学者は、そうでないと言います。

私たちが当然のように受け入れている「年のせい」というのは、実は誤った生活習慣によって体と心が持続的に壊れていった結果であり、単純に年をとったせいではないと言うのです。

例えば、認知症も60,70歳なったからではなく、約30年前から良くない食習慣、生活習慣、運動不足、脳の負傷などが累積され、ある瞬間に症状として表れたものです。

20代でも体が弱く病気がちもいれば、80代でも活気に満ちている人もいます。

老年になっても変わらず好奇心に満ちた目で世の中を眺め、多方面に関心を持つ人もいれば、若いのに新しいことに門戸を閉ざしている人も多くいます。

年をとると、体や脳の健康が低下するのは当たり前なのではなく、人それぞれ千差万別で管理次第なのです。

一指李承憲著「人生120年の選択」より