こんなにも変化がありました。

みなさ~ん、こんにちは🌻🌈いつもブログを読んで頂きありがとうございます

きょうは、会員さんの体験をご紹介します。

この会員さんは、日頃から少し姿勢がそり気味の習慣があります。

この日も、少し腰が重だるい感じがありレッスンでスッキリしたいと通ってこられました。

下腹に意識をして肛門を締める、背骨をまっすぐイメージしてもらいました。意識をしてレッスンをするとこんなに姿勢が良くなりました。

意識するとこんなにも変わるんですね!「背中がまっすぐになってかっこよくなりました。」と会員さんもビックリされていました😍😍😍

この意識が習慣になるように気をつけたいと分かち合いをされました😀🍀💞

皆さんも体感してみませんか。

お問い合わせ:0742-71-6804 担当:チーフインストラクター 大橋正代

🍀🌻💞🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🌻💞🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🌻💞

 

 

ほんとそうだよね!!!

おはようございます。

今日読んだメルマガ(ナニメンさん)からです。😀💞🍀

みなさーーん
「学ぶとは変わるコト」ですよ

私たち、人間は

自分はいくら前向きに
頑張っている

と、思っていてもね

毎日取り組んでいることに
慣れてしまい

そこにある誤りに
気づかなくなってしまいがち

そうなると・・・・
「己を知る」
ってことや

「本性に気づく」
ってコトが難しくなる

自分自身の現状を認識できず

今まで同様の取り組みを
無自覚に繰り返しているだけなのですよ

しかし・・・
私たちは、
変化には恐怖がともないます

これが・・・
自己変革を妨げる理由なんですがね

やりましょう勇気を投資して

変えたことで、
ダメになった人より

変えなかったことで、
仲間内から消えていった
そんな人の方が
断然多いのです。

ほんまや!

ちょっと厳しいけどその通りだと思いました。

そして、自分の今の身体に気付くことも・・・・

ILCHI Brain Yogaと他のヨガとの違い

ILCHI Brain Yogaのエクササイズは、丹田を鍛えること 😆エネルギーの感覚を育ててゆくこと😀にポイントを置いています。体のチカラと直結する丹田を鍛えることで、体だけでなく、心もそして考え方も強く明るくなっていきます💞💞💞またエネルギーの感覚を養うことで集中力や洞察力が増し自分自身を客観的に 見つめるチカラがついてきます👍🙆

高の原スタジオでも体験を受け付けています。お気軽にお越しください。

 

 

自分を褒める習慣

みなさ~ん、イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

今日から自分を褒めることについて書いてみます。

9割の人には、「ほめ」が足りていない😆

突然ですがみなさん、思い出してみてください。

あなたは最近褒められたことがありますか? えっつ「わたし、最近褒められてないな。。。」

仕事は頑張っているのに上司は褒めてくれない、彼に褒めてもらうために髪型を変えたのに気付いてくれない・・・。家事や育児、料理を完璧にこなしているのに「当たり前」として旦那から褒め言葉の一つもない😂

このように周りが褒めてくれないという人がほとんどではないでしょうか?だいたい9割の人以上が「ほめ」不足だそうです。多くの人が慢性の褒め不足なのですね。

慢性的に褒め不足が続くと負のスパイラルに入ってしまい、自分に自信が持てなくなるそうです。そして、自分を大切に出来なくなってしまいます。

周りからのほめが足りないだけでなく自分を褒めることも出来なくなってしまうのです。

みなさ~ん、今日から子供さん、旦那さん、奥さん、お姉ちゃん、お兄ちゃん家族全員。

また、職場の同僚、恋人

ようするに自分が一番ですけど

自分の周りの人を褒めまくる習慣をつけていきませんか?

こんな小さなことから地球全体が明るくなるとでっかいことを考えている私をめっちゃ褒めてやりました。🌎🌍🌏

地球市民登録をして地球を明るく元気にしましょう🍀🍀🍀

脳は情報で動く!

みなさん、おはようございます。イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

こんなこと知っていますか?

脳に与える情報がとっても大事だと言うことを!!!

あのね💞

あなたが夢見ることを諦めないで積極的に人生を考えたら🌈✨

脳はいつでも希望と新たな期待に応えてくれるんです。

筋肉、骨、内蔵、神経系、ホルモン、などを総動員してあたなた身体と心をより健康な状態に保つために努力をしてくれるんですよ。

どうですか。

あなたの脳は、素晴らしいでしょ‼

イルチブレインヨガ高の原スタジオでは、このような脳教育をブレイン体操、呼吸・瞑想などを通してお伝えしています。

体験レッスンを随時お受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。

連絡先:0742-71-6804 担当:チーフトレーナー 大橋正代

 

ほんまやなぁ‼️‼️‼️

おはようございます

イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です🍀

今日はそうだなぁ〜‼️その通り‼️と思ったことをシェアします。

【新しい価値観を持つ】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

ジェフ・ケラー氏の心に響く言葉より…

現代社会には悪しき風潮が蔓延している。

私たちはそれを認識し、自分が少しでもあてはまるなら謙虚に反省して、それにかわる3つの新しい価値観を確立しなければならない。

1. 言い訳や責任転嫁ではなく自己責任

間違った選択をしたら、その結果は自分で責任をとろう。

言い訳をしたり人のせいにしたりしているかぎり、決して成功しないし、幸せにもなれない。

私たちは自分の人生の主導権を握っている。

自己責任を受け入れるとポジティブな変化を起こすことができる。

それに対し人のせいにしているかぎり、進歩せずに現状にとどまる。

2. 対決の姿勢ではなく寛容な精神

人と意見が合わなくても、うまくやっていくことができる。

ところが多くの場合、意見が分かれると口論になりやすい。

私たちは自分と異なる意見に対して寛容な精神で接するべきだ。

多くの場合、真理は双方の意見の中間にあることを覚えておこう。

3. ネガティブな意識でなくポジティブな意識

メディアの情報の何割がポジティブだろうか?

せいぜい1割くらいだろう。

だが、それはメディアのせいではない。

人びとがネガティブな情報を求めるのをやめれば、メディアはそれを提供するのをやめる。

メディアのネガティブな報道に関係なく、私たちはポジティブなニュースキャスターになる必要がある。

自分が持っていないものについて不平を言うのではなく、自分が持っているものに感謝しよう。

他の人の欠点を批判するのではなく、その人の長所を称賛しよう。

以上の3つの新しい価値観を確立すれば、仕事と人生で成功をおさめ、有意義な人生を送るための基礎が出来上がる。

『世界中の人々を自己変革に促した』ディスカヴァー

テレビの記者会見等をみていても、潔く自分の非や責任を認め役職を去る人もいるが、そうでない人も多い。

自分をかばって、人のせいにする、往生際の悪い人だ。

「出処進退」という言葉があるが、中でも、辞めて職を辞するという、身の処し方が一番難しい。

たいていは、自らが辞めると言わない限り、いつまでもその席に居座り続けることになってしまう。

辞めるには、自ら己を滅するという無私の心と、それを肚に落とし込む覚悟が必要だ。

寛容な精神は、多くは言葉の使いかたで決まる。

相手を思いやる言葉、愛のある言葉、感謝の言葉、等々を多用することだ。

ポジティブな心がまえとは、「よいところを見る習慣を身につける」ということに尽きる。

事実は一つでも、それを見る人によって考え方は180度変わってしまう。

無いことを嘆くのではなく、あるものに感謝するという姿勢。

オススメの動画

 

 

こんにちは、イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

今日は、オススメの動画を送ります

アイデアがどんどん湧いてくる方法です😀😀😀

アイデアのある人になるには、主人意識でものごとを見る必要があります。

変化する私に気づきました。

皆さん、こんばんは⭐イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

 

私って真面目なところがあって、学生時代はおばあちゃんやお母ちゃんの言うことを良く聞いていた人だったんです。帰宅時間や寄り道はしないとか・・・。今では信じられないほど厳しい家庭で育ちました🌻

それから小さいときから習っていたピアノの先生がまたまた時間に厳しい人でレッスンの時間に1分でも遅れると機嫌が悪くなる先生でした。そんな環境で育った私は、何々はこうでないとダメ⚡⚡とかルーズな人が大変嫌いでした。

要するに完璧主義に近いカチカチの人だったんです。おまけに日本人の特徴である血液型はA型。。。。わかるでしょう。

環境はその人の人格や習慣を形成すると言われています。😆  しかし、みなさま!!!  環境によって創られた自分だと思っている性格や感情の癖などは本当は作り替えることが出来るんです。

ご存知でしたか‼

それが私が変化したと言うことです。自分がウォッチング出来るようになったんです✨✨

人格は習慣と環境が変われば簡単に変化することが出来るんです🌻🌻🌻

そのためには何が必要か❓

それは、第1番は体力です。第2番は感情をコントロールまたは今の自分を客観的にウォッチング出来る自分を見る目、明るい心。第3番は自分を信じて意識を使えることが必要なんです。自分の思いが現実になるって夢ですか、諦めていませんか😅

心身共に健康という言葉を耳にされたことがあると思いますが、体が元気になると心も元気になるんです。

新春を迎えて新たな気持ちで自分らしさの追求をしてみませんか❓

イルチブレインヨガ高の原スタジオでは脳教育を導入したエクササイズで皆さんを応援しています。

是非この機会にスタジオのレッスン体験をされませんか‼ 自分の価値がわかる希望🍀・夢🌈が膨らむこと間違いなしです。

スタジオでお待ちしています💞💞💞

 

 

 

今あるハッピーを感じるセンサー

おはようございます

イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

ちょっとサボってました。

でも今日はなるほど…..と言って読んでもらえるプログを送ります。

【今あるハッピーを感じるセンサー】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

本田晃一氏の心に響く言葉より…

リアルタイムでハッピーを味わいつくす達人に、書道家の武田双雲くんがいます。

双雲くんは感謝とリアクションの天才です。

彼の様子を見ていると、周りの人も何だかうれしくなってしまいます。

たとえば一緒にごはんを食べに行ったりすると、双雲くんは、料理を食べた瞬間「う…うまい!」とか言って、箸を落とすんです。

周りに人がいっぱいいるお店で、このオーバーリアクション!

ごはんの時だけじゃありません、雨が降ってくると、「この水の感触…最高!」とか、いきなり言います。

僕はいつも、ちょっとびっくりしてしまうんですけど、そんな時の双雲くんは、とっても幸せそう。

そして、そんな彼を見て、僕も何だか楽しい気持ちになってきます。

こう話すと、皆さんは少し驚いてしまうかもしれません。

でも、僕たちはみんな、子どもの頃は双雲くんみたいに「今、目の前にあるラッキー」をキャッチする達人でした。

滑り台を発見すると、「滑り台滑りたい!」って思った瞬間、駆け出して、僕たちは全力で「今ここにあるハッピー」を味わいつくしていたと思います。

好きなことって、いつも理屈では決まらないものです。

でも、子どもから大人になるにつれて、「好き」という感情を正当化するために、いろいろな理屈をこねるようになっていきます。

テストでいい点数を取るとか、知識を身につけるとか、偏差値の高い大学に入るとか、高い収入を得るとか、そういう「定量化・数値化できる幸せ」の総量を増やすことが正義、という価値観がインストールされていくからです。

すると、かつてあった「今あるハッピーを感じるセンサー」が鈍くなっていきます。

実はこれって、運気を下げるもとなんです。

なぜなら僕たちは、心が目の前に運ばれてきた「運」を気持ちよく受け取る状態に切り替わっていないと、ご機嫌に受け取れないからです。

楽しく受け取れなければ、ハッピーもラッキーも、やってきません。

子どもの頃は「行動すること自体」が目的でした。

はしゃいだ瞬間、うれしいことや楽しいことがどんどんやってきていました。

だから、僕たちって本当は生まれながらに「超強運」なんです。

でも、成長するにつれて「行動すること」ではなくて、「知識を身につけること・頭で考えること」を目的にするようになります。

知識や思考って、目的じゃなくて、行動した時にスムーズにいろいろなことを進めていくための、「手段」だったのに、不思議ですよね。

幼い頃のように「なんか知らないけど、目の前にあるハッピー」を味わう、ニュートラルな自分に戻ると、「運」が舞いこんできます。

『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』SB Creative

大人になると、たいていの人は「驚く力」を失ってしまう。

「驚く力」は、感動する力でもあり、共感する力でもあるし、ワクワクする力でもある。

子どもは、無邪気で、天真爛漫(らんまん)、好奇心いっぱいで、目をキラキラさせて毎日を感性豊かに生きている。

「遊びをせむとや生まれけむ

戯(たはぶ)れせむとや生まれけむ

遊ぶ子供の声聞けば

我が身さへこそゆるがるれ」

『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)の中の言葉だ。

子どもたちは、遊びをしようとして生まれて来たのであろうか。

面白がったり、ふざけたりしようとして生まれてきたのか。

無邪気に遊んでいる子どもたちの声を聞くと、自分までワクワクして、心や体が動きそうになってしまう。

大人になっても…

今あるハッピーを感じるセンサーを研ぎ澄ませておきたい。

一番大切なこと‼️

 

メリークリスマス🎅

もう一丁です。

でわでわ

【運が良くなるために】

運を良くしたければ・・

まず・・

「自分を大切に扱う」

ことです・・

さて・・

皆さんは・・

皆さんを・・

大切に・・

扱ってあげていますか・・

例えば朝・・

靴下に穴が開いていたら・・

「見えないから」

といって・・

はきかえないような人は・・

「自分を大切にしない人」

と言っても良いでしょう・・

下着なども・・

「見えないから」

といって・・

「毛玉の着いたもの」や・・

「擦り切れたもの・・」

などを身につける人も・・

同じです・・

あるいは・・

食事を一人でするとき・・

運の良い人たちは・・

コンビニなどですますことはないでしょう・・

大切なお客様が来たとき・・

コンビニのお弁当を・・

その方に・・

出す人はいないはずです・・

運の良い人たちは・・

大切な人を扱うように・・

自分を扱います・・

しかし・・

運の良くない人や・・

一向に運が良くならない人たちは・・

自分を粗末に扱うのです・・

パリの小劇場で女優をしていた・・

ナディール・ロスチャイルドは・・

後に・・

世界の大富豪・・

エドモン・ロスチャイルド男爵と出会い・・

後に結婚・・

そして・・

美と贅沢の世界を手に入れました・・

しかしそれは・・

彼女の・・

「幼い時からの夢だった」

のです・・

彼女が著書で述べているのは・・

以下の通り・・

「あなたがまず・・」

「心を配るべきは・・」

「あなたです・・」

彼女は・・

「もしあなたが・・」

「一人暮らしであるのであれば・・」

「まず部屋を片付けるべきです・・」

「一人でお茶を飲むときも・・」

「ふちのかけたカップなどではなく・・」

「一番上等なカップを使って下さい・・」

「そして・・」

「家で一人で夕食をとるとしたなら・・」

「帰りにお花と・・」

「美味しいデザートを・・」

「自分に買ってあげましょう・・」

と言っています・・

つまり・・

自分で自分を好きになれる様・・

自分自身に・・

「心を配る」

ということです・・

運の良い人は・・

今の自分を活かし・・

そして・・

今の自分を・・

大切に扱う人なのです・・

自分を大切に扱う人は・・

実は・・

他の方々からも・・

「大切に扱われるようになる」

のです・・