ハナのブレインヨガの日々(連載)

はじめまして。私の名前はハナ。

小学生の息子ケイタとわが道を行く旦那と3人で暮らしている。

息子が小さい頃、ママ友グループから仲間はずれにされたこともあって、

以前の職場では、自分を出さず周りの顔色を伺って暮らす毎日。

思っていることはあまり言わない、よいと思ってることも目立つならやらない。

そうすれば、人間関係で傷つかなくて済むもの。

お給料をいただいて、家族仲良く暮らせたらもうそれでいいと思っていた。

なのに、毎日楽しくない。家族に心のモヤモヤをぶつけてしまう。

私、本当にこれでいいのかな。

仕事もやめ、道に迷った末、たどり着いたイルチブレインヨガ高の原スタジオ。

さてハナの行く末はいかに?

体験レッスン

レッスンの前に簡単なカウンセリングを受けた。

どうしてここへ来たのか、どんな風に変わりたいか、正直に私の気持ちを伝える間、ただうんうんと耳を傾けてくださった先生。

受け入れてもらえて心から、ほっとしたなぁ。

「何のために生きていると思う?」

すぐ、答えの出ない私。そんなこと、今まで考えたこともなかったから。

私、何のために生まれてきたんだろう。

ヨガスタジオは、ゆったりとした音楽が流れ、とても心の落ち着く雰囲気。

まずは、準備体操にお腹をトントンとたたく。

冷え性で、下腹部はいつも冷たいのに、なんだかお腹がぽかぽかしてきた。

なんて気持ちいい。

体が硬くて、運動が苦手な私も、丁寧に指導してもらえるので安心。

みんなと同じように体を動かすことができた。

ゆっくりした動作なのに、じんわりと体中に汗を感じて。

体が十分ほぐれたら、瞑想。

手を合わせると、温かなものを感じる。これが私のエネルギーらしい。

先生の素敵なアルトの声を聴きながら、自分のエネルギーを体全体で感じてみる。ああ、私ってこんなに温かいんだ。

「1.2.3.」

ゆっくりと目を開けると、目の前がとっても明るくて、

生まれ変わったような不思議な気持ちになった。

「またおいでね。」っていつまでも手を振って、見送ってくれる先生。

私、ここに通いたい、自分を変えるために。心からそう思った。

帰り道に見上げた空。いつもよりずっと青く感じた。

こうして私のブレインヨガの日々は始まった。

この続きは、またね!

ハナの日記楽しみにしてください。

~会員さんの日記より~

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう