その心の不快感は○○のせい⁉️

日頃、あなたの中で感じている、
不安、孤独感、孤立感、焦り、空虚感。。。

秋が終わり、冬にかけてのこの時期は、
それらを特に強く感じることがあります。

 

心の問題は、難しく考えられがちなので、
「冬だから」「寒いから」という
単純な理由には、なかなか結びつることができません。

 

でも、実は意外と関係があります。

なぜなら、人間は、この自然から生まれ
自然の流れと共に生きているからです。

野生の動物は、
冬は冬眠に入りますよね。

 

人間も動物ですから、
本能的には動物が冬眠するように
本来はじっとしていたいのです。

 

ですが、
実際には、そうもいきません。

 

 

 

 

 

野生の動物と違い、
人間は脳みそが発達していて
思考することができます。

この時期は、
身体の動きが少なくなる分、
思考が回りやすくなります。

 

そこに、思考のくせがあると、
際限なく悪い方へ考えてしまい、

それに伴って、
不快な感情も発生してしまうのです。

 

それと、外に出る時間や、日照時間も減りますので、
日光にあたることが少なくなります。

そうすると、ホルモンの生成などに影響が出ます。
「冬季うつ」などは、日照不足が原因とも言われています。

また、寒くなると血の巡りも悪くなり、
身体に痛みがでたり、自律神経が乱れたりして
身体症状が出ることも多いですよね。

 

 

 

 

 

このように、この時期は特に、
心も体も不安定になりやすく、

孤独感、孤立感、不安感、焦り、空虚感。。。
など、

心の不快感を強く感じやすいのです。

なので、

最近、ますます不安が強くなったのは、なんでだろう。。。

どうして私はこうなってしまうのだろう。。。

やっぱり私はダメなんだ。。。

と悩み始めているあなたは、

季節柄、自然なことなのだと割り切って、
思考のグルグルを断ち切ってください。

そして、
太陽にあたる機会をつくり、軽く体を動かしてください。

寒くても天気の良い日は、
部屋の窓を開けて日光浴やストレッチをする、

暖かくして外に出て、散歩やウォーキングをする、
など、

身体に意識を向けて行きましょう。

 

 

 

 

 

ただ、この時期に感じた
「心の不快感」のサインは受け取る必要があります。

佐藤ちづ子さんの

アダルトチルドレン共依存、HSP をスッーッと楽にするメールレッスンより抜粋

 

みなさ〜ん❣️

この機会、寒くなる前に体と心のチェックをお勧めします。

体験予約はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう