その心の不快感は○○のせい⁉️

日頃、あなたの中で感じている、
不安、孤独感、孤立感、焦り、空虚感。。。

秋が終わり、冬にかけてのこの時期は、
それらを特に強く感じることがあります。

 

心の問題は、難しく考えられがちなので、
「冬だから」「寒いから」という
単純な理由には、なかなか結びつることができません。

 

でも、実は意外と関係があります。

なぜなら、人間は、この自然から生まれ
自然の流れと共に生きているからです。

野生の動物は、
冬は冬眠に入りますよね。

 

人間も動物ですから、
本能的には動物が冬眠するように
本来はじっとしていたいのです。

 

ですが、
実際には、そうもいきません。

 

 

 

 

 

野生の動物と違い、
人間は脳みそが発達していて
思考することができます。

この時期は、
身体の動きが少なくなる分、
思考が回りやすくなります。

 

そこに、思考のくせがあると、
際限なく悪い方へ考えてしまい、

それに伴って、
不快な感情も発生してしまうのです。

 

それと、外に出る時間や、日照時間も減りますので、
日光にあたることが少なくなります。

そうすると、ホルモンの生成などに影響が出ます。
「冬季うつ」などは、日照不足が原因とも言われています。

また、寒くなると血の巡りも悪くなり、
身体に痛みがでたり、自律神経が乱れたりして
身体症状が出ることも多いですよね。

 

 

 

 

 

このように、この時期は特に、
心も体も不安定になりやすく、

孤独感、孤立感、不安感、焦り、空虚感。。。
など、

心の不快感を強く感じやすいのです。

なので、

最近、ますます不安が強くなったのは、なんでだろう。。。

どうして私はこうなってしまうのだろう。。。

やっぱり私はダメなんだ。。。

と悩み始めているあなたは、

季節柄、自然なことなのだと割り切って、
思考のグルグルを断ち切ってください。

そして、
太陽にあたる機会をつくり、軽く体を動かしてください。

寒くても天気の良い日は、
部屋の窓を開けて日光浴やストレッチをする、

暖かくして外に出て、散歩やウォーキングをする、
など、

身体に意識を向けて行きましょう。

 

 

 

 

 

ただ、この時期に感じた
「心の不快感」のサインは受け取る必要があります。

佐藤ちづ子さんの

アダルトチルドレン共依存、HSP をスッーッと楽にするメールレッスンより抜粋

 

みなさ〜ん❣️

この機会、寒くなる前に体と心のチェックをお勧めします。

体験予約はこちらから

気功、瞑想、呼吸のすすめ

情報過多
ネット時代を生きる私たち現代人のもとには、休む間もなく大量の情報が送られてきます。「プッシュ通知」とも呼ばれ、スマホやパソコンに次々と表示されるSNSやニュースサイトなどからのお知らせ。とても便利な反面、不要なものや感情をあおるような情報も混ざっていることも多いです。一つ一つの細かい情報に振り回されて、集中力が保てなかったり、本当に大事なことを見失ったり、感情のアップダウンが激しくなったり、いろいろな問題が内面で起こりやすくなっています。

だから瞑想

こんな時代だからこそ、注目されているのが、瞑想です。瞑想は「今ここ」に集中する行為です。感情や思考などの動きを止めて、自己の内面を静かに観察します。それによって意識を集中状態へと導きます。瞑想をすることで、気持ちや考えをコントロールしやすくなるとされ、仕事や勉強などでの集中力アップも期待できます。ネガティブな思考が減っていき、物事の受け止め方や考え方が前向きになるともいいます。

■習慣にする

瞑想のメリットを享受するうえで、もっとも大切なのが「習慣化」すること。1回やればいいというものではなく、生活に取り入れ、根付かせるのがポイントです。瞑想が習慣になれば、「今ここにある時間」が増え、自己マネジメント力が向上。考えすぎることも減るとされます。

ただ、いきなり長時間にわたって瞑想しようとすると、飽きてしまったり、長続きできずに自分を責めたりしがちです。まずは5分だけでも瞑想にチャレンジしましょう。短い瞑想を続けていくことで、集中力が少しずつ持続できるようになり、「落ち着く」「スッキリする」などの感覚も得やすくなります。

イルチブレインヨガ高の原スタジオで瞑想を取り入れたヨガ講座を開いています。

この機会に是非、瞑想を体験して快適な毎日を過ごしてみませんか。

体験ご予約は、こちらから

 

 

瞑想で得られるメリット

皆さん、瞑想でどんな効果があるかご存知ですか。

瞑想で自分の要らない情報を浄化し、心をコントロールできます。

明るく大きな意識の覚醒を体験したとしても、日常生活や人間関係で葛藤があると誰でも心が混乱します。

これは当然のことです。

瞑想は、様々な考えや感情がわくときに心の動揺や浮き沈みを落ち着かせてくれます。

腹が立ったときに自分がどんな呼吸をしていますか?思い出してみてください。短い呼吸になっていませんか?

そんな時、いったん手を止めて静かに座りゆっくり息を吸い込んで長~く吐き出します。呼吸を整えてしばらくすると不思議と怒りのエネルギーが弱まり心が安定します。感情が治まって理性が戻ります。

何も特別なことをしなくても感情が治まって理性が戻ってきます。落ち着いた呼吸によって全身と脳に酸素がたくさん供給され心拍や脳波安定を取り戻し気持ちを落ち着かせるホルモンが分泌され全身の筋肉がリラックスするなど自分の知らないうちに呼吸瞑想をしたのです。

呼吸瞑想体験は、イルチブレインヨガ高の原スタジオで簡単に体験できます。

皆さんも、体験してみてストレス解消に役立ててみませんか?

🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂

【お問い合わせ】

奈良市神功4丁目25-1-105 丘の小道商店内

☎0742-71-6804

🐿🐿🐿🍁🍁🍄🍄🍁🍁🍄🍄🐿🐿🏂🏂🤙💩💩

瞑想を習慣にしては!

情報過多

ネット時代を生きる私たち現代人のもとには、休む間もなく大量の情報が送られてきます。「プッシュ通知」とも呼ばれ、スマホやパソコンに次々と表示されるSNSやニュースサイトなどからのお知らせ。とても便利な反面、不要なものや感情をあおるような情報も混ざっていることも多いです。一つ一つの細かい情報に振り回されて、集中力が保てなかったり、本当に大事なことを見失ったり、感情のアップダウンが激しくなったり、いろいろな問題が内面で起こりやすくなっています。

だから瞑想

こんな時代だからこそ、注目されているのが、瞑想です。瞑想は「今ここ」に集中する行為です。感情や思考などの動きを止めて、自己の内面を静かに観察します。それによって意識を集中状態へと導きます。瞑想をすることで、気持ちや考えをコントロールしやすくなるとされ、仕事や勉強などでの集中力アップも期待できます。ネガティブな思考が減っていき、物事の受け止め方や考え方が前向きになるともいいます。

■習慣にする

瞑想のメリットを享受するうえで、もっとも大切なのが「習慣化」すること。1回やればいいというものではなく、生活に取り入れ、根付かせるのがポイントです。瞑想が習慣になれば、「今ここにある時間」が増え、自己マネジメント力が向上。考えすぎることも減るとされます。

ただ、いきなり長時間にわたって瞑想しようとすると、飽きてしまったり、長続きできずに自分を責めたりしがちです。まずは5分だけでも瞑想にチャレンジしましょう。短い瞑想を続けていくことで、集中力が少しずつ持続できるようになり、「落ち着く」「スッキリする」などの感覚も得やすくなります。

イルチブレインヨガ高の原スタジオで瞑想を取り入れたヨガ講座を開いています。

この機会に是非、瞑想を体験して快適な毎日を過ごしてみませんか。

お問い合わせ ☎0742-71-6804 担当 大橋

 

 

 

今日の言葉が習慣を作り出す

こんにちは、高の原スタジオ大橋です。

皆さんは、普段どんな言葉を多く使っていますか?

案外マイナスの言葉を無意識に使っている場合が多いようです。

例えば

なにげなく「疲れた。」ため息とともに「あ~あ。」

なんとなく使っている言葉を使えば使うほどもっとそうなるように脳からホルモンを出してくれるんですよ。

私たちの脳は、とっても優秀なんです。

脳は、ご主人様の言った言葉の通りに状況を創りだしてくれます。

だからこを、意識的に言葉を使う。言葉を決めて使う。大切なんですね‼

そして、気分・意識・考えをコントロール出来るようにすることが大切です。

疲れた→今日もよく頑張ったなあ~私

出来ないかも→出来るかも

こんな風に言葉を換えて今までの自分と違う自分を発見してみませんか?

また、普段使っていない身体をトレーニングする習慣もオススメします。

 

イルチブレインヨガ高の原スタジオは、意識を使って硬くなっている関節や筋肉をほぐし気血循環をよくするブレイン体操をはじめとして自然治癒力、免疫力を高める脳波振動、呼吸、瞑想などを取り入れた脳を使ったレッスンをしています。

9月に入り、夏の疲れを感じる季節に身体をリセットしてみませんか?

体験は、随時ご相談お受けしていますのでお気軽にお問い合わせください。

電話番号 0742-71-6804

予約専用QRコード

 

 

一指健康法

仕事、子育て、勉強、奉仕活動など、日常の主たる活動内容は人それぞれ異なります。でも、どんな立場の人でも「睡眠」は必ず毎日行いますよね。人間はみんな、生きているうちの3分の1くらいは、眠って過ごします。眠らずに生きることはできません。

忙しい現代社会では、睡眠というものが軽く見られがちです。また、心のストレスや生活習慣の乱れによって、睡眠が十分にとれていない人も多いといいます。睡眠不足は、疲労の蓄積やストレスの増大につながります。私たちの健康を支える「腸」が元気でいるためにも、睡眠によって自律神経のバランスを整えることが大事です。

しっかりとした睡眠をとるには、心と体が感じているストレスを一度リセットすることがポイント。夜寝る前に布団の上で毛管運動をしてみましょう。

らくな気持ちで横になり、両腕と脚を肩幅の広さでスッと持ち上げます。腕は手のひらが向かい合うように伸ばし、脚はヒザが曲がらないようにします。

腕と脚をブルブルと震わせるイメージで振動を与えます。1分ほど振動させたら、両腕と脚を下ろします。だんだん揺らす時間を延ばしていき、慣れてきたら5分くらい行ってもいいでしょう。

毛管運動
1. あお向けになり、手足を持ち上げ、力を抜いた状態で手足をブルブルと振ります。
2. 1分間振って休みます。それを5回繰り返します。

<Point>
自分の体力と体の状態にあわせて、振動の時間を徐々に増やしていきます。
1日10分以上行なうと、より大きな効果が期待できます。

もっと見る

脳は情報で動く!

みなさん、おはようございます。イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

こんなこと知っていますか?

脳に与える情報がとっても大事だと言うことを!!!

あのね💞

あなたが夢見ることを諦めないで積極的に人生を考えたら🌈✨

脳はいつでも希望と新たな期待に応えてくれるんです。

筋肉、骨、内蔵、神経系、ホルモン、などを総動員してあたなた身体と心をより健康な状態に保つために努力をしてくれるんですよ。

どうですか。

あなたの脳は、素晴らしいでしょ‼

イルチブレインヨガ高の原スタジオでは、このような脳教育をブレイン体操、呼吸・瞑想などを通してお伝えしています。

体験レッスンを随時お受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。

連絡先:0742-71-6804 担当:チーフトレーナー 大橋正代

 

オススメの動画

 

 

こんにちは、イルチブレインヨガ高の原スタジオの大橋です。

今日は、オススメの動画を送ります

アイデアがどんどん湧いてくる方法です😀😀😀

アイデアのある人になるには、主人意識でものごとを見る必要があります。

一番大切なこと‼️

 

メリークリスマス🎅

もう一丁です。

でわでわ

【運が良くなるために】

運を良くしたければ・・

まず・・

「自分を大切に扱う」

ことです・・

さて・・

皆さんは・・

皆さんを・・

大切に・・

扱ってあげていますか・・

例えば朝・・

靴下に穴が開いていたら・・

「見えないから」

といって・・

はきかえないような人は・・

「自分を大切にしない人」

と言っても良いでしょう・・

下着なども・・

「見えないから」

といって・・

「毛玉の着いたもの」や・・

「擦り切れたもの・・」

などを身につける人も・・

同じです・・

あるいは・・

食事を一人でするとき・・

運の良い人たちは・・

コンビニなどですますことはないでしょう・・

大切なお客様が来たとき・・

コンビニのお弁当を・・

その方に・・

出す人はいないはずです・・

運の良い人たちは・・

大切な人を扱うように・・

自分を扱います・・

しかし・・

運の良くない人や・・

一向に運が良くならない人たちは・・

自分を粗末に扱うのです・・

パリの小劇場で女優をしていた・・

ナディール・ロスチャイルドは・・

後に・・

世界の大富豪・・

エドモン・ロスチャイルド男爵と出会い・・

後に結婚・・

そして・・

美と贅沢の世界を手に入れました・・

しかしそれは・・

彼女の・・

「幼い時からの夢だった」

のです・・

彼女が著書で述べているのは・・

以下の通り・・

「あなたがまず・・」

「心を配るべきは・・」

「あなたです・・」

彼女は・・

「もしあなたが・・」

「一人暮らしであるのであれば・・」

「まず部屋を片付けるべきです・・」

「一人でお茶を飲むときも・・」

「ふちのかけたカップなどではなく・・」

「一番上等なカップを使って下さい・・」

「そして・・」

「家で一人で夕食をとるとしたなら・・」

「帰りにお花と・・」

「美味しいデザートを・・」

「自分に買ってあげましょう・・」

と言っています・・

つまり・・

自分で自分を好きになれる様・・

自分自身に・・

「心を配る」

ということです・・

運の良い人は・・

今の自分を活かし・・

そして・・

今の自分を・・

大切に扱う人なのです・・

自分を大切に扱う人は・・

実は・・

他の方々からも・・

「大切に扱われるようになる」

のです・・