私のお気に入り

みなさ〜ん‼️
イルチブレインヨガ高の原スタジオのメインインストラクターの大橋です^^

三寒四温を繰り返し春の訪れが待ち遠しい季節になりました。
いかがお過ごしですか?

私は希望の手紙をよく読んでいます。

なるほどなぁと整理ができるので今日はみなさんに紹介します。

では!

🍀希望の手紙🍀

あなたの脳は何に集中していますか?

あなたの脳は完璧です。
あなたが喜びに集中すると
脳は喜びを現実にします。
喜びを現実にするために目標をもたせ
その目標が達成できるような
アイデアや計画を思いつかせ
更には行動させます。

一方、「怖い」と不安になると
脳は恐怖に集中し
怖がるようなことをつくり出します。

脳が何を創造するかは
あなたの選択にかかっているのです。

一指李承憲(イルチイ・スンホン)

ふくらはぎは第2の心臓

ふくらはぎは第2の心臓と言われています。

重力の影響で足腰にたまりやすい血液を、ふくらはぎはポンプのような働きをして心臓に送り返します。

ふくらはぎの筋肉が収縮・弛緩を繰り返して重力に逆らいながら心臓に戻ろうとする血液をスムーズに上に押し上げます。乳搾りの要領に似た、この作用を「ミルキングアクション」と言います。

「ふくらはぎ力」が弱ると、血液を環流させるために心臓が圧力を上げます。負担がかかるのは心臓だけでなく、圧力をかけられた血管もダメージを受けます。

これによって血流が悪化して脳に十分な血液が回らなくなると認知症の発症リスクが高まります。また、足が上がりにくくなって転倒しやすくなります。

1分間の片足立ちは、「ふくらはぎの力」を高めるのにとても効果的な運動です。

1日に数回どなたでもお仕事の手を休めてたった1分運動する週間を身につけてみませんか?

 

 

 

スタジオで脳(意識)を使ったブレイン体操の体験をしませんか?

体験レッスンのご予約はこちらからどうぞ

 

 

ハナのブレインヨガの日記 その5

  • 100%の私

季節はもう冬。白い息を吐きながら、今朝もスタジオへ向かう。

 

私にも、新しい友達ができた。笑顔が素敵なもうすぐ80歳のユキ子さん。

最近ブレインヨガを始められたが、

スタジオへの行き方がよくわからないとおっしゃるので、

待ち合わせをして、一緒に通っている。

「こうやってお若い方とお話できるのを、毎朝楽しみにしてるのよ。」

今朝は 私の手を握ってそんなことをおっしゃった。

 

以前の私なら、人と関わるのがめんどうで、

道案内なんて かっては出なかったろう。

けれど今は、人のお役に立てるのが素直に嬉しい。

よく動くようになった体、そして軽くなった心があるから。

ブレインヨガが私を明るく変えていく。

他のヨガ教室と違うところは色々あるけれど、

1つ上げるとすれば、レッスンが終わった後に、

みんなで輪になって分かち合いをすることだ。

今日のレッスンで自分が感じたこと、変わったこと、

そんなグッドニュースをみんなで分かち合い、自分の成長への糧にする。

一人一人にくださる、先生のアドバイスも嬉しい。

 

最初の頃は、人前で意見を言うのが恥ずかしかったけれど、

今では思ったことを素直に表現できるようになった。

 

「ここに来ると、みんなで生きてるんだって感じがします。」

今日はそんな感想をおっしゃる方がいた。

 

今まで、人とあまり関わらない方がいいんじゃないかって

思う瞬間が、私もたくさんあった。

ひとりでいれば傷つくこともない。

けれどそこに吹く風は、いつも私の心を冷たくした。

 

人と交わればつらい事も、苦しいこともあるだろう。

でもそこには温かな喜びがある。

私はその心を ユキ子さんから学んでいる。

 

人は決して一人では生きていけない。みんなで支えあって生きているんだよ。

 

当たり前だけれど 忘れかけていた大切なことを、

ブレインヨガが思い出させてくれる。

 

もう1つは、100%の私を応援してもらえること。

大人になるにつれて、精一杯頑張ることをしなくなった私。

人から飛び出るのが、何か言われるのが、とても怖かったから。

 

けれど、ここではありのままの私で、レッスンを受けることができる。

全力投球すると、頭がとてもすっきりして気持ちがいい。

自分に集中する、体を感じる、そして自分とつながり自由になる。

 

誰と比べる訳でもない、精一杯頑張った自分に、拍手を贈る。

誰かの評価より、自分で自分を褒めてあげることが、今は何よりも嬉しい。

 

自分自身で、私はこんなにも幸せを感じるようになった。

 

体が強くなっていくと、心も強くなるみたい。

ブレインヨガと出会って、元気になっていく私は、

人と共に生きていく道を選ぼうとしている。

 

  • 私の歩む道

ブレインヨガに通い始めて3ヶ月。

先日、久しぶりに会った友人に言われた。

「明るくなったね。」

 

ここに通うまで、人の顔色を見て、びくびくしながら、

生きてきたように思う。

そんな自分に価値なんて感じなかったし、当然 顔色も暗かったはず。

 

だが今は、夢中でレッスンを受けて、

体も心も強くなっていく自分が、大好きだ。

 

今日は、胸の詰まりを取るために、声を出すレッスン。

いろんな感情がどんどん出るようになって、心が解き放たれていく。

 

泣きたかったんだ、怒りたかったんだ。

ごめんね、私。

今までほったらかしにしてたね。

 

「もう、過去と繋がらなくていいのですよ。」

先生の声が聞こえる。

 

過去を思い出しては落ち込んでいた私に、さようなら。

私は、自分の価値を誰かに認めてもらいたかっただけ。

 

でも今は、自分で自分の価値を認めることができる。

それが なにより幸せ。

 

「人生に無駄なことは何ひとつないのです。」

いつか、先生がおっしゃった。このヨガで、それを学んだと。

 

つらかった出来事が、私を成長させてくれた。

それに気付いたとき、全てがありがたく思えるようになった。

 

自分を好きになると、周りの人たちがどんどん愛しくなるから不思議。

他人を許せなかった私も、もういらないね。

 

これからも、自分を見失って、

落ち込んだり、迷ったりすることもあるだろう。

 

でも、もう大丈夫。

スタジオに戻って自分を取り戻せばいい。

先生が笑顔で待っていてくれるから。

 

 

「私は、何のために生まれてきたのだろう。」

 

人は誰だって、すばらしい脳を持つかけがえのない存在。

ブレインヨガがそれを教えてくれた。

 

この喜びを、私は多くの人に伝えたい。

地球上のすべての人が、自分を愛して幸せに包まれるように。

 

置き去りの赤い車

この間、やっと時間を取れて1年ぶりにワックスを掛けてピカピカにきれいにしました。

長い間、私に乗るだけ乗って全く心にとめてもらえず寂しかったよと要っている声が聞こえるようでした。

 

10数年前に本当にお気に入りで購入してから本当によく磨いたときもありました。

よくぶつけて痛い思いもさせました。

本当にごめんなさいと心から私の赤い車に「ごめんなさい。」が口から出たのにビックリしました。

そんな思いで磨いていると思わず目から涙が流れ落ちました。

何も言わない赤い車ですが何か自分とつながっているような気持ちを感じました。

「大丈夫だよ!いつもそばに居るよ!」と要ってくれているようで嬉しかったです。

私は、車に乗っているときにインスピレーションが沢山あります。

車に乗るのが大好きで結構遠出も苦にならないほどです。

いろんな私を知ってくれている私の赤い車に今日ほど愛着を感じたことはありません。私と一つになっていると愛する車に感謝が出ます。

いつも、ありがとうございます。

皆さんも自分のみの周りで置き去りにしている何かに気付いて優しく寄り添ってみる時間を作ってみませんか?

もしかしたら、それは自分かもしれないです。自分をよく感じて目を覚ますことが必要ではないでしょうか?

愛する自分探しをしてみませんか?

 

イルチブレインヨガでは、呼吸瞑想を通して自分自身を深く感じるトレーニングをしています。

体験ご希望の方は、是非お問い合わせください。

奈良市神功4丁目25-1-105 連絡先 0742-71-6804

担当:チーフトレーナー 大橋正代

 

体験予約はこちらから

 

 

 

ハナのブレインヨガの日々 5回目

  • 100%の私

季節はもう冬。白い息を吐きながら、今朝もスタジオへ向かう。

私にも、新しい友達ができた。笑顔が素敵なもうすぐ80歳のユキ子さん。

最近ブレインヨガを始められたが、

スタジオへの行き方がよくわからないとおっしゃるので、

待ち合わせをして、一緒に通っている。

「こうやってお若い方とお話できるのを、毎朝楽しみにしてるのよ。」

今朝は 私の手を握ってそんなことをおっしゃった。

 

以前の私なら、人と関わるのがめんどうで、

道案内なんて かっては出なかったろう。

けれど今は、人のお役に立てるのが素直に嬉しい。

よく動くようになった体、そして軽くなった心があるから。

ブレインヨガが私を明るく変えていく。

 

他のヨガ教室と違うところは色々あるけれど、

1つ上げるとすれば、レッスンが終わった後に、

みんなで輪になって分かち合いをすることだ。

今日のレッスンで自分が感じたこと、変わったこと、

そんなグッドニュースをみんなで分かち合い、自分の成長への糧にする。

一人一人にくださる、先生のアドバイスも嬉しい。

 

最初の頃は、人前で意見を言うのが恥ずかしかったけれど、

今では思ったことを素直に表現できるようになった。

 

「ここに来ると、みんなで生きてるんだって感じがします。」

今日はそんな感想をおっしゃる方がいた。

 

今まで、人とあまり関わらない方がいいんじゃないかって

思う瞬間が、私もたくさんあった。

ひとりでいれば傷つくこともない。

けれどそこに吹く風は、いつも私の心を冷たくした。

 

人と交わればつらい事も、苦しいこともあるだろう。

でもそこには温かな喜びがある。

私はその心を ユキ子さんから学んでいる。

 

人は決して一人では生きていけない。みんなで支えあって生きているんだよ。

 

当たり前だけれど 忘れかけていた大切なことを、

ブレインヨガが思い出させてくれる。

 

もう1つは、100%の私を応援してもらえること。

大人になるにつれて、精一杯頑張ることをしなくなった私。

人から飛び出るのが、何か言われるのが、とても怖かったから。

 

けれど、ここではありのままの私で、レッスンを受けることができる。

全力投球すると、頭がとてもすっきりして気持ちがいい。

自分に集中する、体を感じる、そして自分とつながり自由になる。

 

誰と比べる訳でもない、精一杯頑張った自分に、拍手を贈る。

誰かの評価より、自分で自分を褒めてあげることが、今は何よりも嬉しい。

 

自分自身で、私はこんなにも幸せを感じるようになった。

 

体が強くなっていくと、心も強くなるみたい。

ブレインヨガと出会って、元気になっていく私は、

人と共に生きていく道を選ぼうとしている。

ハナのブレインヨガの日記④

🍀🍀🍀私は自由🍀🍀🍀

スタジオに通い始めて1ヶ月が過ぎた。

エレベーターのない4階建てに住んでいる私は、ブレインヨガを始めるまでこの階段がかなり苦痛だった。

最近、難なく登ることができる。息が上がらないのだ。

そんな、ささやかな変化が嬉しい日々を送っている。

 

今朝のスタジオは、人も少ない。

こんな日は、特に体調や気持ちを気遣って、プログラムを組んでもらえる。

いつもの準備体操をして、頭に上っていた熱を下半身に下げてくる。

すると、頭が澄んで、心が落ち着いてくる。

 

そして、肩の上がりにくい会員さんのために、集中して肩をほぐすブレイン体操が始まった。右肩が上がらなかった方が、2ヶ月経ち、かなり動かせるようになった。そんな仲間の変化を一緒に喜ぶと、私の心にも温かな花が咲いた。

 

できることが少しずつ増えていく。実際に体感する。それが自分の自信となる。

「誰の評価もいらないんですよ。自分が認めてあげればそれでいいんです。」

自分への肯定感。

その大切さも、先生が体操の合間にお話してくださった。

心も体もリラックスしたところで、瞑想が始まった。

やさしい音楽を聴きながら、自分と向き合う。

 

私を自由にできず、押さえつけているものはなんだろう。

そんな疑問が心に浮かぶ。

 

人と違ったら嫌われる。

変わってるって言われて、傷ついたこともあったから。

 

愛されたくて、嫌われたくなくて、心は苦しいのに周りに合わせた。

自分を受け入れてもらえないと、あなたのせいで、、、環境のせいで、、、

自分は被害者だという思いを胸いっぱい抱えたこともあった。

 

「自由になりたいですか?

それならそのすべてを手放さなければなりません。」

 

どこからか先生の声が聞こえた。

 

そう、すべては、執着から起こったこと。

この執着が私の心を塞いで、私をつらくしていたんだ。

自分で、自分の心を がんじがらめにしていただけ。

 

私はいつだって自由だった。そして、これからもずっと。

 

突然、堰を切ったように涙が溢れてきた。

 

先生の温かな手が背に添えられた。

私は、ただ泣いた。声を上げるほど。

 

ずっと、自分が嫌いだった。

けれど、体も心も少しずつ変わっていく私を、

今では愛しく思い始めている。

ハナのブレインヨガの日記 その3

  • 母への気持ち💞💞💞

「来月、母さんが手術をすることになったわ。」

突然の姉からの電話だった。ここ数年、股関節が急に動きにくくなり、

杖をついて、足を引きずるように歩いていた母。

今朝、とうとう起き上がれなくなり、病院で検査を受けた。

来月には手術、その後の長いリハビリ。退院後も介護が必要となるだろう。

母は若い頃から、自分の趣味に生きる人だった。

幼い頃 遊んでもらった記憶はほとんどない。

私はずっと、母の愛に飢えていたように思う。そして、多分、今も。

思春期は、寂しさからよく反発したっけ…。

 

「話を聞いて欲しいときに、こっちを向いてくれなかった。💧

抱きしめて欲しいときに、側にいてくれなかった。

なのに、なぜ私ばかり時間を使わないといけないの?」

私も子どもを授かって、子育ての苦労はよく分かっていたはずなのに…

母の介護を目の前にして、心は鉛のように重くなった。

「今日の調子は、どうですか?」

スタジオでは毎回、先生がそれぞれの体調を聞いてくださる。

「胸が少し苦しいです。」と正直に言ってみる。

「頭ばかり使うから、しんどくなるのね。

それじゃあ、今日は体をたくさん使っていきましょう。」

 

いつもの通り、お腹をトントンたたいたり、膨らませたりへこませたりして、準備体操をしていく。

一人では、決して続けられない単純なこの動作も、スタジオの仲間と輪になって行うと、やる気が出てくるから不思議。最近は、この準備体操だけで、頬を汗が伝うようになった。

 

参加者の体調に合わせて、その日のブレイン体操が選ばれる。

今日は、私のために、胸の詰まりを解く体操も組み込んでくださった。

あらかじめ決められたものではなく、個人個人に寄り添って組まれていくプログラム。そんなきめ細やかさも、気に入っている。

 

通い始めて3週間。美しい音楽とスタジオの神聖な空気の中で、随分と集中して瞑想ができるようになった。

汚れたエネルギーを吐き出した私に、美しいエネルギーが体いっぱいに入ってくる。

 

まだぎこちないけれど、先生の言葉に導かれて、

体を揺らし腕を自由に動かすと、今日は目の前に青くて美しい地球が広がった。

 

この美しい地球に、私は選ばれて生まれてきたの。

そして母なる大地の限りない愛を受けて、今を生きている。

 

そう、私は、こんなにも大きな愛で包まれていたんだ。

すると、今まで感じたことのない、湧き上がるような熱い思いで胸が一杯になった。

 

目を開けた。目の前が明るい。そして私の心も。

 

「今日はどうでしたか?」

先生の問いかけに、朝からの苦しかった思い、そして今、トレーニングを終えて、温かな思いが溢れ、私が母を包んであげたい気持ちになったと夢中で話していた。

パチパチパチ…スタジオから拍手が起こった。

周りを見渡すと、そこには先生と仲間のやさしい笑顔があった。

 

今、私は、母と過ごす日々を楽しみにしている。

 

その心の不快感は○○のせい⁉️

日頃、あなたの中で感じている、
不安、孤独感、孤立感、焦り、空虚感。。。

秋が終わり、冬にかけてのこの時期は、
それらを特に強く感じることがあります。

 

心の問題は、難しく考えられがちなので、
「冬だから」「寒いから」という
単純な理由には、なかなか結びつることができません。

 

でも、実は意外と関係があります。

なぜなら、人間は、この自然から生まれ
自然の流れと共に生きているからです。

野生の動物は、
冬は冬眠に入りますよね。

 

人間も動物ですから、
本能的には動物が冬眠するように
本来はじっとしていたいのです。

 

ですが、
実際には、そうもいきません。

 

 

 

 

 

野生の動物と違い、
人間は脳みそが発達していて
思考することができます。

この時期は、
身体の動きが少なくなる分、
思考が回りやすくなります。

 

そこに、思考のくせがあると、
際限なく悪い方へ考えてしまい、

それに伴って、
不快な感情も発生してしまうのです。

 

それと、外に出る時間や、日照時間も減りますので、
日光にあたることが少なくなります。

そうすると、ホルモンの生成などに影響が出ます。
「冬季うつ」などは、日照不足が原因とも言われています。

また、寒くなると血の巡りも悪くなり、
身体に痛みがでたり、自律神経が乱れたりして
身体症状が出ることも多いですよね。

 

 

 

 

 

このように、この時期は特に、
心も体も不安定になりやすく、

孤独感、孤立感、不安感、焦り、空虚感。。。
など、

心の不快感を強く感じやすいのです。

なので、

最近、ますます不安が強くなったのは、なんでだろう。。。

どうして私はこうなってしまうのだろう。。。

やっぱり私はダメなんだ。。。

と悩み始めているあなたは、

季節柄、自然なことなのだと割り切って、
思考のグルグルを断ち切ってください。

そして、
太陽にあたる機会をつくり、軽く体を動かしてください。

寒くても天気の良い日は、
部屋の窓を開けて日光浴やストレッチをする、

暖かくして外に出て、散歩やウォーキングをする、
など、

身体に意識を向けて行きましょう。

 

 

 

 

 

ただ、この時期に感じた
「心の不快感」のサインは受け取る必要があります。

佐藤ちづ子さんの

アダルトチルドレン共依存、HSP をスッーッと楽にするメールレッスンより抜粋

 

みなさ〜ん❣️

この機会、寒くなる前に体と心のチェックをお勧めします。

体験予約はこちらから

気功、瞑想、呼吸のすすめ

情報過多
ネット時代を生きる私たち現代人のもとには、休む間もなく大量の情報が送られてきます。「プッシュ通知」とも呼ばれ、スマホやパソコンに次々と表示されるSNSやニュースサイトなどからのお知らせ。とても便利な反面、不要なものや感情をあおるような情報も混ざっていることも多いです。一つ一つの細かい情報に振り回されて、集中力が保てなかったり、本当に大事なことを見失ったり、感情のアップダウンが激しくなったり、いろいろな問題が内面で起こりやすくなっています。

だから瞑想

こんな時代だからこそ、注目されているのが、瞑想です。瞑想は「今ここ」に集中する行為です。感情や思考などの動きを止めて、自己の内面を静かに観察します。それによって意識を集中状態へと導きます。瞑想をすることで、気持ちや考えをコントロールしやすくなるとされ、仕事や勉強などでの集中力アップも期待できます。ネガティブな思考が減っていき、物事の受け止め方や考え方が前向きになるともいいます。

■習慣にする

瞑想のメリットを享受するうえで、もっとも大切なのが「習慣化」すること。1回やればいいというものではなく、生活に取り入れ、根付かせるのがポイントです。瞑想が習慣になれば、「今ここにある時間」が増え、自己マネジメント力が向上。考えすぎることも減るとされます。

ただ、いきなり長時間にわたって瞑想しようとすると、飽きてしまったり、長続きできずに自分を責めたりしがちです。まずは5分だけでも瞑想にチャレンジしましょう。短い瞑想を続けていくことで、集中力が少しずつ持続できるようになり、「落ち着く」「スッキリする」などの感覚も得やすくなります。

イルチブレインヨガ高の原スタジオで瞑想を取り入れたヨガ講座を開いています。

この機会に是非、瞑想を体験して快適な毎日を過ごしてみませんか。

体験ご予約は、こちらから

 

 

ハナのブレインヨガの日々(連載2)

💞ここから始めよう💞

今朝は、体が重いなぁ。

ふと目覚めた朝方は、いままでの辛かったことを思い出してしまう。

 

それもあって、用意の遅い息子にイライラ。😬

「さっさとしなさい!」を連発して、怖い顔で学校へ送り出した私。

スタジオに向かう途中、思い浮かぶのは息子ケイタの悲しそうな顔。

私、全然いいお母さんじゃない...

こんな気持ちのまま、午前中の一般クラスに参加することになった。

まずは、準備体操。お腹をトントンたたいたり、お腹を膨らまして呼吸。

何度も繰り返すうちに、下腹部がどんどん温まってくる。

ちょうど、半身浴をしているような感じ。

体が温まると、ささくれ立った私の心も少し収まるみたい。

 

そしてブレイン体操。

「自分の体を感じて。」先生のアドバイスに、体と向き合ってみる。

体に集中することで、さっきまでのもやもやした感情から、

少しずつ離れていく。

スタジオに流れる音楽も心地よくて、曲にあわせて体を揺らせば、

固かった心も体もほぐれる、ほぐれる。

ブレインヨガに出逢うまで、瞑想なんて難しくて別世界の話だと思っていた。

でも、初心者の私でも、ブレイン体操をして自分の体に向き合っていると、頭のごちゃごちゃから解放されて、自然と瞑想に心が入っていく。

こんなに静かな時間、久しぶりだなぁ。

誰とも比べられない唯一の私。どんな負の感情にも振り回されない、温かな私。

なりたい自分を思い浮かべると、そこには笑顔の息子と私がいた。

 

それから、1週間。

スタジオへ、通い続けた。温かな私に出会うために。

 

今朝、ほほえんで見送る私に、

「お母さん、今日もヨガいくの?

だったら、ぼく嬉しいな。

だって、ヨガに行った日のお母さん機嫌がいいんだもん。」

 

何度も振り返って、嬉しそうに手を振るケイタ。

今日の君の笑顔を、お母さんはきっと一生忘れないよ。

 

さあ、ここから始めよう。

新しく踏み出した私を、秋風がそっと撫でていった。

 

~高の原スタジオの会員さんのハナさんの日記より~